看護師が産休から復職する方法

トップ > 看護師の転職例 > 看護師が産休から復職する方法

看護師が産休から復職する方法

新潟県在住の34歳看護師女性。看護歴8年
わたしは学校を卒業してから、看護師を続けていました。学校の系列の病院だったので、就職はスムーズにできました。
その後、結婚して子供ができたため退職しますが、看護師として復職できました。

辞めたのはどんな病院ですか?

学校からの推薦で入った総合病院です。

なぜ辞めたのですか?

結婚、妊娠を期に退職しました。出来ちゃった結婚になってしまったので、妊娠がわかって退職の手続きをしました。

病院からの引き留めはありましたか?

その場で引き止められるというよりは、産休をとって復職するように勧められました。臨月までは簡単な仕事でいいから続けてはとすすめられ、今まで産休をとった同僚の話もされました。

転職する病院はどうやって探しましたか?

わたしは産休明けに復職しました。
今は簡単にネットで求人を見ることが出来ますが、実際働いてみると条件が違うことが多々あります。安心なのは職業安定所や、看護学校の同級生、同期に連絡をとって求人を聞いてみるといいです。一度看護師になると、この仕事を続けている人は非常に多いので、友達からの紹介でというのも安心です。あらかじめ仕事場の環境もわかりますし、友達が働いている所なら人間関係なども悩まなくて良いと思います。

転職が決まった病院はどんな所でしたか?

自宅の近くにある、個人の小児科に転職しました。小さな子供がいるために、通勤が便利なところがよかったことと、女性のドクターの方がよかったからです。小児科なら自分の子供をつれてくるにも便利かと思いました。

転職したメリット

勤務時間が短いことと、休みの融通が利くところです。看護師が4名いましたので、急な休みの時にはとても助かります。

悪かった点デメリット

そんなに悪いことはありませんが、しいていえば福利厚生などが総合病院など大きな病院と比べると、充実していないことです。

転職を予定している若い看護師に一言

病院によって規模もちがいますし、働く環境はぜんぜん違います。転職には困らない仕事なので、働きやすい場所を選ぶべきだと思います。人間関係のつらい仕事だと思いますので、無理はせずにゆっくり転職先を探すと良いです。大きな病院で働いていた人には個人病院は楽と思うかもしれませんが、患者さんとの距離が短い分しんどいことも多いです。ご参考までに。
"