条件が良い個人クリニックの見つけ方

トップ > 看護師の転職例 > 条件が良い個人クリニックの見つけ方

条件が良い個人クリニックの見つけ方


千葉県在住の30歳看護師
看護師と保健師の資格を持っています。
大学を卒業して4年間総合病院で看護師として働き、次に転職をして保健師の仕事を2年、その後再び転職して個人クリニックの病院で看護師として3年働きました。結婚で現在は退職し育児中です。

辞めたのはどんな病院ですか?

地元にある救急医療もある総合病院です。

なぜ辞めたのですか?

夜勤後の睡眠がもともと取れず、体調が悪化したため、日勤のみで定期的なお休みがとれる職場に行こうと思ったから。

病院からの引き留めはありましたか?

引き留められました。
日勤のみで働いている看護師も他に居ましたが、その人たちが先輩たちから
「○○さんも一緒に夜勤しようよ。入ってくれると楽だな~。ひと月に一回だけでもさ~。」と毎日のように言われているのを知っていたので、
師長は気にしなくても大丈夫と言いましたが、自分よりもベテランで子育てもしつつ夜勤をしている先輩を前に、
とてもとても日勤のみではここでは働けない…と説明しました。

転職する病院はどうやって探しましたか?

ハローワーク、地元の新設クリニックの募集のちらし、インターネットで情報を集めました。

転職が決まった病院はどんな所でしたか?

1回目は市の嘱託職員で保健師として働きました。
2回目は、個人クリニック(精神科・心療内科・内科)で働きました。
どちらも日勤のみで
保健師は土日祝日休み、クリニックは木曜午後・土曜午後・日・祝日休みで、とても楽でした。

転職したメリット

身体が休めたので、体調が良くなりました。
プライベートも充実できました。

悪かった点デメリット

お給料は下がりました。
保健師では嘱託職員だったので、月手取り15万程度。で、アルバイトもダメでしたし…。賞与は0.5か月分ずつ夏・冬ありました。
クリニックでは月手取り19万円程度。賞与は医院長の気分次第だったのでこの点は苦痛でしたかね…。

転職を予定している若い看護師に一言

何を自分が人生で重要視するかを熟考すると、転職先でも、思った通りでなかったとしてもある程度我慢はできます。
あと、看護師はどこでもそうですが『女の園』なので、
職場の人間関係の雰囲気だけでも掴むためにも、積極的に『職場見学』に行った方が良いと思います。
採用が決まってからだと断りずらくなりますが、決まる前の職場見学でしたら、どこも親切に対応してくれましたよ。
やる気があるようにも思われますし、転職する際にも『何を勉強して仕事に臨めばいいのか』という勉強になり一石二鳥ですし。"