お礼奉公でも転職できる方法

トップ > 看護師の転職例 > お礼奉公でも転職できる方法

お礼奉公でも転職できる方法

東京都豊島区在住の30代女性看護師。看護歴11年
私は看護学校卒業後精神科病院へ就職。
その後同じ病院に勤める女性と結婚。子供を1人設ける。趣味はギター、空手、フィギュア集めなど多岐にわたり、仕事とプライベートを完全に別と考えて生きている。

辞めたのはどんな病院ですか?

市内では有名な精神科病院で、院長は県の精神科病院協会長でした。病床数は350床ほどで、病棟は8つありました。急性期治療病棟、慢性期治療病棟、療養病棟、児童思春期病棟、ストレスケア病棟など病棟はその疾患や病期に応じて対応できるようなシステムになっています。

なぜ辞めたのですか?

退職の理由は病院から借りていた奨学金があるのですが、それを返済するお礼奉公を終えたので新しい職場を探し求めました。

病院からの引き留めはありましたか?

辞めると周囲に話始めた頃からまずは科長に呼ばれ面接をして「どうして辞めたいのか?」「この病院でもやりがいは見つけられる」などと説得を受けました。それでも辞めると言うと次は看護局長に呼び出され、「君は戦力なので残ってほしい」「何か不満なことがあれば改善する」などと言われたのですが、給料面にも不満を持っていたのでそのまま押し切って辞めてしまいました。

転職する病院はどうやって探しましたか?

他職種の先輩が訪問看護を立ち上げていたのでそちらの手伝いを短期間行うということで特に転職先を探すことはありませんでした。

転職が決まった病院はどんな所でしたか?

転職先は訪問看護ステーションでしたが、かなりこじんまりとしておりほぼ個人経営でした。その分シフトの調整や業務時間もかなり曖昧で楽な職場でした。

転職したメリット

病院は組織なのでそれに縛られなくなったのは良かった点だと思っています。

悪かった点デメリット

転職先が訪問看護だったので少しやりがいに欠ける面があるのは仕方がないかと思っています。

転職を予定している若い看護師に一言

転職先を事前に目星をつけて動き出すとスムーズな転職が可能になります。あとは転職先のパイプを持ってそうな看護師と関係を作っておくと便利です。"